2016年11月21日月曜日

ミニマリスト男児、これが持ち物の全て。

外に出かける時、あれとこれを持って…ここに入れて…という手順は、できるだけ簡潔に済ませたいものだ。

雑誌などでは、道行く人の持ち物拝見!というようなコーナーがあって、カバンの中身などが紹介されていたりする。

もし私が声をかけられ、その記者に取材されたら、きっと書く事が無さすぎてボツにされるだろう。
どこへ行くにも財布と携帯しか持っていないからだ。

両手をポケットに突っ込んで、右手の財布、左手の携帯を見せたら、もう終わりである。
あ、そうでしたか、と言って立ち去られるに違いない。

いつか、例えばメガネのように体に身に付けるような携帯が出来、携帯を携帯しなくても済むような事になり、さらにそれが在ればあらゆる支払いができるというようなことになって、何にも持たなくて良いという時代が来れば、私は本当に嬉しいだろうと思う。

人は持ち物で自分のキャラ付けを為しているが、私の場合はいかに何も持たないかで自分をキャラ付けているのだろう。

だから部屋を出る時など早い。早すぎるほどである。
部屋を出ようとしてから部屋を出るまでが数十秒なのだ。

これだけでも、ほとんどの女性と合わない性分と言うべきなのかもしれない。

ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

引越し時の不用品回収、粗大ゴミ処分などは、まず一括査定で料金比較してから

引越ししてきてからずっと保留していた、うちにある大型の不用品をそろそろ片付けようと家族とも相談し、重い腰を上げることとなった。