2016年12月3日土曜日

断捨離できたら生活が変わる物ベスト3

部屋を大きく占める家具、家電。
その中でも特にこれを手放せれたら、ものすごくスペースが空くどころか、ライフスタイルごと変わるという物を挙げてみようと思う。
第三位:机(椅子)

机が無い家というのは、ありえないというのが普通の感覚だろう。
やはり机というか、台となるものは必要だとは思う。
しかし机には大抵ごたごたと収納スペースがついて、これが便利なようで、ここに収納しておけるという気持ちが、人を処分するという決断から遠ざける。
そして机には椅子が付属する。
これが邪魔である。
だから机ごと処分するというのは難しいかもしれないが、収納スペースと椅子を省くということをするだけでも、部屋が随分すっきりするだろう。

たとえばパソコンデスク。
これが無ければパソコンなんて使えるはずが無いと思われるかもしれない。
しかし昨今スタンディングデスクが少しずつ浸透している。
これはそもそも長時間座らないので体や特に腰に良いということで、腰痛持ちの御仁などは導入されている方が多いようだ。
スタンディングデスクには収納スペースがあまり無い物がほとんどで、それが逆に良い。
例えばこのようなものであれば、万一低く使いたい時でも便利で、失敗も少ないであろう。




第二位:棚(本棚)

棚というのは、とにかく大きい。
例えばこういう物。


私も一人暮らしを始めた頃は、ずいぶんこういうメタルシェルフにはお世話になったものだ。
これは正直便利である。
空間を目一杯立体的に使えるという意味では、ボックス型の棚などよりも優れている。
だから普通に部屋を片付けたければ、逆にこういうものをオススメする。

しかし部屋をミニマルに切り詰めてギリギリのシンプルに挑戦したいというのであれば、なんとかこういったものを処分する対策を講じなければいけない。
この写真を見ただけでも、ずいぶんと処分しなければいけなそうだ。
しかし同時に、私から見ればこの写真に写っているどれもが、いらないと感じる。
全て捨ててしまって問題無い。
ゆえにこのメタルシェルフごと捨ててしまって問題無い。
まあ、むちゃくちゃな論ではあるかもしれないが。

第一位:テレビ(テレビ台)

テレビというのは、中年以上の年代の方には特に、生活には切っても切れない必需品の一つとなっており、これが無ければ家の中の娯楽が一切無いと思われる方も少なくないかもしれない。
ゆえにテレビを処分するというのはほとんどの場合至難であろう。
私はたまたまテレビへの依存が少なかったために、テレビから離れることは非常に簡単であった。
無くなって不便と感じた事も本当に一切無い。
これは強がりでも誇張でも無く、本当に一切、一部の例外も無く不便は無い。
だからテレビを捨てれるかもしれないというイメージが沸くならば、是非とも捨てて欲しいおすすめの一品である。
テレビを捨てることができれば、その下に鎮座するどでかいテレビ台も捨てることができる。
貴方の生活から奪われていた、テレビをぼやっと見ているという時間も返って来る。
良い事ずくめである。

楽しみの番組などは、チェインスモーキングと一緒で、貴方が本当に楽しみにしているというよりかは、脳が楽しみにする習慣を覚えてしまっているだけで、一度断ち切ってしまうと、しばらくするとまったく興味が沸かなくなる。
テレビはいらない。
捨ててしまわれなさい。

ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

引越し時の不用品回収、粗大ゴミ処分などは、まず一括査定で料金比較してから

引越ししてきてからずっと保留していた、うちにある大型の不用品をそろそろ片付けようと家族とも相談し、重い腰を上げることとなった。