2017年4月22日土曜日

アラサーで未だ処女、彼氏ができたことを手紙にしたためる。

先日友人の結婚生活の辛い事情を書いたが、別の方角からは甘い恋愛の始まりの知らせが届いた。
その知人の女性は、29歳になるまで一切の彼氏なし、キスはおろか男性と二人でデートをしたこともないという人だったのだが、ルックスも決して悪くは無いし、何より性格がものすごく良く、嫌味なところや見栄っ張りなところが一切なく、同性からは心底愛されていた。
友達が多く、うわべだけじゃなく、皆彼女のことをこよなく愛していて、よく冗談で”こんなリア充の処女は見たことが無い”と言っていた。
性格が良すぎて、逆に男性からも、異性としてというより友達、それも腹を割って話せる朋友のように接されがちなところも、恋愛運から長く見放されていた要因のひとつとなっていたのかもしれない。
実際私も、彼女と話すときは、女性を相手に話ししているとまったく感じていない自分を自覚する。

ずっと彼氏の一人もできないことを、本人は当然だが、周りの友達も親身になって心配していたが、この度どうやら、素晴らしい縁に恵まれたようだ。
なんとわざわざ、手紙をしたためて、お相手がようやくできたということを報告してくれた。
別に、この度結婚しますとか、式の招待状とかそういうものでは無いのだが、それをわざわざ手紙にしたためて知人に報告するあたりが彼女らしい。
彼氏ができたことを手紙にしたためて報告するという状況そのものもちょっと可笑しいが、それを報告されて、心底祝福したくなる彼女の人間性は貴重なものであろう。

彼女のような人間を結婚相手に選べば、幸せというものはいともたやすく、当たり前のように日常の中に溶け込んだ生活が送れるだろうということは想像に難く無い。

ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

引越し時の不用品回収、粗大ゴミ処分などは、まず一括査定で料金比較してから

引越ししてきてからずっと保留していた、うちにある大型の不用品をそろそろ片付けようと家族とも相談し、重い腰を上げることとなった。