2017年5月4日木曜日

10年続けた仕事、そろそろここらで辞めてみようと思います。

今の職場を退職しようと思っている。
突然思いついたわけではなく、少し前から職場では話していて、今日、新人の研修1日目であった。
1週間もすればものになってくるであろうから、そうすれば晴れて退職という運びとなる。
アルバイトであるから辞めるのも実にあっさりとした手続きで終わる印象だ。
そうなるとこのブログのタイトルも少し変えないとなぁなどとどうでも良い事を悩んでいたりするが、そもそもなぜ退職しようと思ったのか。

一つに、ミニマリストの血が騒いだとでも言おうか、生活にかかる費用を、どこまで削減して、いかに働かなくとも自由に生きていけるかを実践したくなったということがある。
1日に6時間ないし8時間、人によってはもっともっと長い時間仕事に従事している理由は、好きだからというわけではない。
それは例え好きな事を仕事にしておられる御仁でも、好きでやっているわけではなく、自分の人生を維持していくためにしている。
例え途中で少し嫌になったところで、一度漕ぎ出したらおいそれとその手を止められないのが生活維持である。
逆に言うならば、人生を維持できるならば、どんなに削減しても良いのが仕事時間だな、などとダメ人間らしい思考を巡らしていくうちに、いくつかの単純計算を繰り返して、私はこんなに働く必要がそもそも無いのでは無いかという結論に行き着いた。

この考えの大きなきっかけとなったのは、ばあさんが介護を必要としたことであった。
うちの親は親で住んでいる家があるが、もともとばあさんにはばあさんの家があった。
じいさんを亡くしたということは以前少し記事でも書いたが、独り身となったばあさんがとうとう一人では生きれなくなり、うちの親の家でつきっきりでの介護生活に突入した。
するとばあさんが使っていた家が、そのまま空き家となってしばらく放置されていたのだ。
この家の扱いはずっと保留されていたのだが、それなら使わせてくれないかと相談すると、二つ返事でOKと出たので、そこに移り住むことに決めた。

収入を最低限に抑えれば、健康保険や住民税はごく安くなるし、年金に至っては全額免除でいけば、あとはもう食費と光熱費、それに通信費で最低限の生活は維持できることになる。
食費は今までのように好き勝手外食するのは辞め、自炊に挑戦してみようと考えている。
そうなるとせいぜい月に4万か5万、あれば生きていけると推測する。
4万や5万というと、わざわざ外に出て行かなくても、パソコンの前に座って作業をこなすだけで稼げてしまうような金額である。
貯金はというと、この10年無駄にあてもなく貯めた金が1000万近くにのぼったので、もうこれ以上あてもなく貯めても仕方が無い。
時間のほうが大事だというふうに思えてきたので、ここらで人生を一つ転換させてみようではないかという気持ちに奮い立った。

2つには、このブログの存在にも背中を後押しされた。
仕事を辞めて、経費を抑えて、最低限の稼ぎで、節税や節約を試し、どこまで一人の人間というのは、金に縛られずとも生きていけるのかということを、大げさに言うとそういうようなことを、我が身で実践して、それをそのままここに書くことは、一つの目標となって張り合いがあり、楽しみながらやれそうだと思ったのだ。

極限のドケチ生活や、原始的な発想の自給自足などがやりたいわけではなく、読む人がちょっと自分に当てはめてみれば、わりと取り入れれそうな生活、くらいのものを目安に、できるだけ自分を縛り付ける自分の維持費を削減し、どんどん生活を維持するためにかける時間を削減していこうというのが、当面のミニマリズム的目標である。

どうなることかわからないが、このブログはそんな感じで、これから徐々に”ある自宅警備員”による、ミニマル生活ブログというような方向に進んで行くと思われますので、どうぞ引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

引越し時の不用品回収、粗大ゴミ処分などは、まず一括査定で料金比較してから

引越ししてきてからずっと保留していた、うちにある大型の不用品をそろそろ片付けようと家族とも相談し、重い腰を上げることとなった。