2017年6月24日土曜日

断捨離してはいけないもの。無駄と思われがちだがそうじゃないもの。

久しぶりにユニクロに行ってきた。
ユニクロに行って何を買ったかというと、パジャマにできるような、とにかくひたすら楽な家着。

肌触りと着心地が良く、ボタンやら襟やらが無く、軽くて涼しくてとにかく楽な服。

そう思って探した結果、わりと理想のものを見つけた。

エアリズムルームセット。
上下セットで1990円、私は白のボーダーにした。



もうめちゃくちゃ楽で、涼しくて、ポリエステルの生地はスルスル。
どんな体勢でも一切窮屈さが無く、ウエストのゴムはきつすぎず緩すぎず、部屋着と言いながらこの夏はもうどこに行くにもこれを脱げないかもしれない。

そういえば最近強く感じるのだが…

今回買ったものはパジャマとは言えないが、寝るためだけの服”パジャマ”というものは、ミニマリズム的観点から見ても、昔は実に無駄だと思っていた。
しかし、どうして非常に大事だという認識に最近は改めている。

ものすごくお気に入りのパジャマがひとつある、というのは、予想以上に生活の質を向上させると思う。
Tシャツとハーフパンツなどならなんでも良い、という感じになりがちだが、Tシャツは結構フィット感があるし、生地がしっかりしすぎている場合が多い。
スウェットパンツやハーフパンツなども、腰紐やゴムなどが、あまりにしっかりしていたり、生地が分厚いと、重く感じたり、風を通さなかったりする。
素材は綿100%などで、カサカサしすぎないもの、とにかく軽くて薄くて空気を孕むようなふわっとした生地で作られていて、体に密着しすぎず、寝返りをうったりしてもねじれて窮屈になったりしないような、そういう上下が、私としてはパジャマの理想といえる。

こういう理想のパジャマがあったら、デザインなどなんでも良いから、服が増えてしまうと忌避せずに、思い切って買うべきだと思う。

陳腐な表現だが、睡眠時間は人生の3分の1だと言われている。
その睡眠時間をいかに快適に過ごすかということは、節約や断捨離などの名の下に、無駄と切り捨ててしまって良いはずが無いと思うのだ。

ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

引越し時の不用品回収、粗大ゴミ処分などは、まず一括査定で料金比較してから

引越ししてきてからずっと保留していた、うちにある大型の不用品をそろそろ片付けようと家族とも相談し、重い腰を上げることとなった。