2017年7月23日日曜日

この人たちは一生お金が貯まらない。という人たち

私の親戚に、この人たちは一生お金が貯まらないだろうなと思う家族がいる。
お金が貯まらない体質の人というのはどういう人か?

それは息をするようにお金を使う人だ。

それは、決して高価なものを派手に衝動買いしまくるというような様子では無い。
もっと地味なものだ。

例えばその親戚たちと、ちょっとトイレに、と言ってコンビニに寄ると、私がトイレから出て来ると、なぜかそんな予定無かったのになにかしらの商品を選んで手に持っていたりする。
せっかくコンビニに立ち寄ったんなら、なんか買っておくか、というような具合である。

欲しいものがある、お腹がすいている、そういう必要にかられて買うのではなく、なんとなく”せっかくだから”というように消費する。

ひとつひとつの出費は小さく、だからこそ買った物に対して別段満足感や幸福感を感じるでも無く、食べて無くなったり飽きて捨てたり棚になおしこんでしまえば、買った記憶さえ残らないようなどうでも良い感覚でショッピングをし、故に実感が無く、いつのまにかお金が無い、そういうふうになっていっている。

まさに息をするように、買い物をしていてもしている実感が無く、しなくなって初めて苦しくなり、また買い物をする。
それはもう娯楽ではなく、充足や悦楽を感じることもなく、ただそれなしでは苦しくなってしまって、生きるための作業のように惰性で繰り返しているだけになっている。
これは喫煙者が喫煙に対して感じている感覚と、極めて類似する感覚である。
チェインスモーキングならぬ、チェインショッピングだ。

お金が貯まらない人というのは、大きな買い物も小さな買い物も、こういうお金の使い方をする。
これはつまらない、損な、悲しいお金の使い方である。

「あれがどうしても欲しい!」

ではなく、

「何か買いたいなぁ・・・」

である。

なんでも良いからお金を使いたい、というわけのわからないスパイラルに陥る。
だから、欲しいと錯覚して購入した物でも、実はその物自体には執着も愛情も無く、手に入れた喜びは、本当に望んで手にした人の半分も感じることができず、ただお金の使い損、終わりの無い物欲だけが残り、お金はどんどん消えて行く。

自分が本当に欲しい物がなんなのか?

それをしっかり考えて見つめている人は、時折大きな買い物をしていても、大局的に見るとお金はプラスになっているものである。

筆者の別ブログ


暇人であるところの私は、映画やドラマを、動画配信サービスHuluとNetflixを通して毎日のように見ておりまして、どうせならそれを活かせないかと思って、感想・レビューブログを始めました。

ここのブログとは若干語り口調などが違いますが、映画などに興味がある方、ぜひご覧になってみてください。
そちらも毎日更新できるように頑張ります。

HuluとNetflixで映画三昧レビュー放題

また、動画配信サービスって良いもんなのかな?どこが良いのかな?という方は、わかりやすくランキング形式で動画配信サービスの比較をまとめた記事もアップしていますので、そちらをご覧ください。

おすすめの人気動画配信サービスランキング決定版 - 料金・画質・動画配信数等徹底比較!!


ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

私のお金の稼ぎ方:ポイントサイトハピタスでお得な小遣いの稼ぎ方

前々から思っていたが、この変な語り口の無職の男、一体その祖母から譲り受けた一軒家とやらで日がな一日、ノートパソコンに向かって、どんな金の稼ぎ方をしているのだろう? ネットを使って月5万円ほど稼いで生きているらしいが、ネットで稼ぐと書かれるといかにも怪しい。 怪しい… ...