2017年8月7日月曜日

婚約指輪の価値を地に貶める行為

プレゼントというものは、自分が欲しい物を買ってもらうことではない。
と急にプレゼント論を展開しはじめてしまったが、ともかく語らせていただこう。

誰かから何かを貰って、こんな物使わない、必要ない、ダサい、合わない、もっとこういう物が欲しい、なんならお金が欲しい、自分で選ばせて欲しい、と思ってしまう御仁は、プレゼントに対する根本的な姿勢がまちがっている。

プレゼントとは、相手が自分に贈りたい物を選んでくる行為であって、自分が普段から欲しいと思ってるものを、相手に代わりにお金を出してもらって買ってもらう行為では無い。
故にプレゼントに、ケチなどつけるのはそもそもおかしい。

自分がずっと欲しいと思っていた、ばっちりドンピシャの物を、ちょうど欲しいと思っていたタイミングでプレゼントされるのが、最高のプレゼントだと勘違いしている御仁は、自分も相手も失望させるばかりで損だ。
愛される人は、プレゼントに限らないが、とにかく簡単に喜び、感激する。
それはきっと、物ではなく相手の気持ちに焦点を当てて判断しているからであろう。

これの最たるものを感じるのが、婚約指輪などである。

ネットで見聞きした話というだけだが、最近では、女性は、自分で自分の婚約指輪を選ぶらしい。
男がダサいしょぼい指輪を選んで来たら嫌だからなのだろう。

これはもう、なんというか、錯誤が甚だしい。
本人はくそ真面目にやっているのだろうが、側から見たら実に虚しい。
自分で自分の婚約指輪を選んでいるなんて。

そこには何の意味も無い。

貴重品というのは、唯一無二の”何か”が詰まっているからこそ貴重なのだ。

それは”想い”だとか”思い出”だとかそういうもの以外にありえない。

ただひたすら硬くてキラキラ光る石など、スペアがいくらでもあるただの高級品である。

せっかく人生で一度の婚約指輪という貴重な品を、ただの高級品に、自ら貶める行為である。

重ねて言うが実に虚しい。
絶対に止めるべきである。

筆者の別ブログ


暇人であるところの私は、映画やドラマを、動画配信サービスHuluとNetflixを通して毎日のように見ておりまして、どうせならそれを活かせないかと思って、感想・レビューブログを始めました。

ここのブログとは若干語り口調などが違いますが、映画などに興味がある方、ぜひご覧になってみてください。
そちらも毎日更新できるように頑張ります。

HuluとNetflixで映画三昧レビュー放題

また、動画配信サービスって良いもんなのかな?どこが良いのかな?という方は、わかりやすくランキング形式で動画配信サービスの比較をまとめた記事もアップしていますので、そちらをご覧ください。

おすすめの人気動画配信サービスランキング決定版 - 料金・画質・動画配信数等徹底比較!!


ミニマリストブログ村ランキングへ
断捨離 ブログランキングへ
スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の投稿

私のお金の稼ぎ方:ポイントサイトハピタスでお得な小遣いの稼ぎ方

前々から思っていたが、この変な語り口の無職の男、一体その祖母から譲り受けた一軒家とやらで日がな一日、ノートパソコンに向かって、どんな金の稼ぎ方をしているのだろう? ネットを使って月5万円ほど稼いで生きているらしいが、ネットで稼ぐと書かれるといかにも怪しい。 怪しい… ...